第31回 NAHAマラソン

12 20, 2015
12月6日に『第31回 NAHAマラソン』に参加しました。

実は、このNAHAマラソンまで1週間を切った時点で足を捻挫してしまいました。
翌日になっても腫れも熱もひかず、歩くのも辛かったため病院へ行ったところ、
全治3週間と診断され、「これはもう走るのは無理か?!」「痛みが引いても走らない方がいいかな?」
「いや、せっかくなので痛みがあろうがなかろうが走れるとこまで走ろう!」と
あれやこれやと悩んでるうちにあっという間に大会前日に。

大会前日沖縄到着後、翌日に実際走るかどうかは別としても受付は済ませておかないといけないので、
受付会場である奥武山公園内にある県立武道館アリーナ棟へ。
他の都市型マラソン大会とは違い、受付会場内に人が溢れかえってるようなことはなく
ぼのぼのとした和やかな雰囲気で、
こういう雰囲気の中ならキリキリせずに自分のペースで走れそうだと、走ることをようやく決定。


20151220Bblog.jpg

そして当日。
サポータを足にくるくる巻いてスタート地点に。
スタートブロックは全9ブロックあり、私は真ん中より少し前のDブロックからのスタート。
走り始めてすぐに那覇のメインストリートである国際通りに。
「沖縄を走ってるんだな~」と喜びに浸りながら、ランナー渋滞中だったこともありひとまずのんびり観光ラン。

10kmを過ぎた辺りから、捻挫のせいか、レース前の走り込みをしていなかったせいか、
明らかにいつもとは違う疲労感を伴った足の痛みに襲われ
「これはハーフ地点辺りで棄権することになるかも・・・」と残念な気持ちを胸にとぼとぼ走っていると
突然、私の名前を呼ぶ声が?!
気のせいだと思いつつも声の聞こえた方を見ると、なんと旦那さんと娘が沿道に!!
ミラクル☆☆☆

2人に応援され元気を取り戻し、頭の中で歌を歌いながら気がつけばハーフ地点。
一時はハーフで棄権しようとも考えたが、痛いとはいっても耐えられない痛さでもないので
せっかくここまできたのだから辛くなったら歩いても良し、
耐えられなくなったら棄権しても良しとして完走を目指して引き続き走ることに。

ハーフを過ぎたあたりから雨が強くなってきて
ずぶ濡れ+足が辛いためストライドが思うように伸びずで、何度も心が折れそうになりつつも
その都度、沿道から声援やハイタッチに励まされ(結局途中何度か歩いてしまったが)
なんとか完走することができました。


今回の結果は
タイム=5:08:53(グロス)
順位:26,679人中6414位
自己ワーストタイムをたたき出してしまいました。。
けど完走したので◎

失敗したなと思ったのは、足を痛めてるのにシューズに気をつかわず
大会の時はいつも薄底シューズで出場しているので今回も薄底で走ったこと。
少し厚めの靴底にしておけば、痛みもだいぶマシだったはず。。
↑走っている途中で気がついた。

NAHAマラソン2015の完走率は68.7%。
完走率が低い気がして調べたところ、雨のせいもあって去年よりは低かったものの
ここ何年かは70%前後だそうで、今年が特別低いというわけではないそうな。
なお、完走率が一番低かった大会は1999年の52.3%で、走るには気温が高かったのが理由らしい。
そういう意味では、今回は強い雨だったが暑くなかった分まだ走りやすかったのかな。

20151220Cblog.jpg
完走メダルは琉球ガラス


NAHAマラソンを完走して一番印象的だったのは、途切れることない沿道からの応援。
私設エイドの数もすごくてびっくり。
チューチューアイスやみかんやシークワーサージュース・・・たくさん頂きました。
途中しんどくて歩いた時には小学生くらいの子が消炎鎮痛剤スプレーを持ってきて
「どうぞ(よかったら使って)」と渡してくれたり。
本当に辛かったこともあり、その優しさに泣きそうになりました。

きつい思いもしたNAHAマラソンでしたが
沖縄の素敵な風景や人々の温かさにふれることができ、大満足な大会でした。
ありがとうございました☆



今日は12時から『第46回 防府読売マラソン』。
TVで川内優輝選手を応援しようと思っていたのに西日本しかTV中継してない模様。残念。
川内優輝選手頑張ってー!
0 CommentsPosted in RUN
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks
Top
プロフィール

Author:maho
都内在住
フリーでデザインやってます
旦那さんと娘の3人暮らし
日々のできごとや
家族のことや
マラソンのことや
あれやこれやと綴っています

最新記事
コメント
リンク
カテゴリ