雹と伴うゲリラ豪雨

06 26, 2014
このたびの雹・雷を伴うゲリラ豪雨により被害を受けられました皆さまにお見舞い申しあげます。

一昨日、ピーク時は窓ガラスが割れるのではと思うくらいの激しさの
雹・雷を伴う激しいゲリラ豪雨があり大粒の雹が降り積もりました。

20140626A.jpg
魚屋さんで見かける氷くらいの大きさの雹でした


私の家付近では積もっているところで7~8cmくらでしたが
半地下の車庫のお宅などは、雹が車庫いっぱいに吹き込んで塞がってしまったようで
除雹作業をされてました。
また、家から少し離れたところでは30cm以上積もった地帯もあり、車道が冠水したり
車や家が浸水したりと様々な被害が出たようでした。

20140626B.jpg


こんな時期に何故「雹」?と、調べてみたところ下記の記事を見つけました↓
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
気象庁によると、関東地方の上空には氷点下の冷たい空気が流れ込み、地表との温度差によっ
て強い上昇気流が発生。このため寒気をはらんだ積乱雲内では、雨粒が落下しきれずに舞い上
げられ、凍りながら落下と上昇を繰り返すうち、周りの水分や氷粒と結合して大きくなった。
やがて氷粒が上昇気流で支えきれないほどの重さになり、一気に地表に降り注いだ。
-------------------------------------------毎日新聞[http://mainichi.jp]2014年6月25日記事より一部抜粋



昨日朝、庭で(旦那さんと娘が)育てている野菜をチェック。
花壇(我が家では「畑」と呼んでいる)も荒れてました。

20140626C.jpg
茎が折れて実もだいぶ落ちてしまいました

20140626D.jpg
辛うじて残った実の中には雹か何かで傷ついてしまったものがちらほら


被害のあったこの辺りは都内だが畑の多い地帯なので農作物が被害に遇った農家も
多かったことと思われます。
一日も早い復旧をお祈り申しあげます。
0 CommentsPosted in 完成/その後
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks
Top
プロフィール

Author:maho
都内在住
フリーでデザインやってます
旦那さんと娘の3人暮らし
日々のできごとや
家族のことや
マラソンのことや
あれやこれやと綴っています

最新記事
コメント
リンク
カテゴリ